心を種として



007、揺 ~いきることと死ぬこと

ブランコを揺らすくさりは僕たちを地上へ繋ぐくさりでもある  かっぱ
天まで飛べないふしあわせなしあわせ。

残された時間の中で僕達は何度世界を揺らせるのだろう  松本響
たとえ小さくても、揺らせるものならば。

窓際のパキラが緑の葉を揺らし生きたいと云うしにたい朝に  なかた有希
自分にない生命力に励まされたり、嫉妬したり。

揺れたくて揺れている水 ちぢまつて 表面張力たのしんでいる  斉藤そよ
ちゃぷん、と滴たちの笑い声がきこえる。

さみしさになまえはなくて今きみの窓のむこうに揺れている花  飯田篤史
音も鳴く揺れる、きっと一輪。

ベランダで揺れるタオルや靴下といっしょに空に帰りたいです  なかはられいこ
ハタハタ揺れて陽に透けるものたちの幸せそうなこと!

ピカソのゑがくをんなの尻の曲線が揺れやまざるなり 青きデッサン  寒竹茄子夫
一本じゃないラインが振動しているように見えて。

ちょっとだけ楽しそうだね 動揺をして騒ぎだすときのあなたは  しょうがきえりこ
だって楽しまなきゃ、それも人生のうちだもの。

肋骨のなか守られているものの全てを揺らして子はバッハ弾く  フワコ
小さないのちの全身全霊。

澄み渡る青い月夜のすすき野の 揺れていようと諦めがつく  けこ
綺麗に揺れる様を見たら、それはそれでいいじゃないかって思ったんだ。

死んだ蚊を包むティッシュの白ささえ揺らす私の息を許して  徳田ゆきこ
生きている自分が奪ったいのちへの罪悪感。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-11-12 19:20

006、自転車 ~みえないちから

自転車を漕ぎながら吹く口笛は遠いだれかに呼ばれるようで  佐原みつる
音が遠のくから他所からの音に聞こえるのか、それとも口笛自体が呼びかけへの返事なのか。あるいは両方かもしれない。

自転車で突っ切る 風のはかなさをすくえないのに両手をのばす  末松さくや
凄く好きです。目に見えないようで見えるような感覚は確かにあって。だから手を伸ばさずにはいられなくて。

自転車を漕ぎだす瞬間とうめいな羽根がにょきにょき背中からでる  みあ
自転車と合体して、あたらしいイキモノになる。

自転車と私がすこし死んだので夕陽はとてもあかいのでしょう  笹井宏之
なにがどう、と言えないのだけど、凄く気になる歌。

自転車を漕ぎ初むる足大地とも空気ともつかぬ手ごたへのあり  小早川忠義
これもとても好きです。自転車を漕ぐとき、私もそう感じます。

自転車をひきずる少女 ゆうぐれは誰の肩にものしかかるもの  cocoa
ゆうぐれの重みはその日一日ぶんの重み。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-11-12 18:29 | 鑑賞~100首題詠

005、並 ~景色

並木道 カプセルの中にいるような 幸せなふたり壊したいけど  草野つゆ
道をふさいでいるから? ううん、そうじゃないんだけど。

夕暮れの水は重くて父と子を並べて叱る背を撓めつつ  水須ゆき子
水の重量が変わることを知っている母であり妻。

ピンクならひとりぼっちにならなくてすむの並んだ女の子 春。  ハナ
みんなと一緒で安心したい、「女の子だもの。」

向き合ってたった二人で七並べやってるような会話じゃないか  おとくにすぎな お互いに下らなさ過ぎると知っているはずなのに。

これからもわたしのうでであるはずのうでが前へとならって並ぶ  末松さくや
「うで」はたぶん、きっと「わたし」の意思で動いている、「わたし」のうでのはず。

薄紅が壊れぬようにふしだらに桜並木をふわりと歩く  新藤伊織
ふしだらなのに天女のような。

人並みの女のやうな顔をした歌が詠みたい午前十二時  理宇
作りながら、自分をつくっているような、そんな気がする魔法の時間帯。

朔風に金色(こんじき)の服はらはらと脱がされてゐる公孫樹並木は  今泉洋子
このうえなく優美なストリップ。

並木道 光と影の縞を抜け青の下にぞ風の生まるる  あめあがり
すきだなぁ、これ! 生まれた風が撫でるものも、いのち新しくなる気がする。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-11-12 18:20 | 鑑賞~100首題詠

004、 キッチン ~「料理」の本質

殺戮の記憶のどかに真夜中のキッチン低く笑い出したり  水須ゆき子
キッチンにラブラブな新婚さんがいちゃついているようなイメージを抱いていたので、冷水を浴びたような気分になりました。なんて甘っちょろかったんだろう、私。
しかも、笑うキッチン。「殺戮」「真夜中」に怖いイメージを、でも「のどか」という矛盾も見せつつ、「低く笑い出」すあたりは、ホラーなようでコミカルにも思う。

なげつけて死ぬはずだったものたちもやわらかく煮る白いキッチン  末松さくや
「なげつけて死ぬはずだったもの」という捉え方に心惹かれました。
あと、「白」という無機質な印象を与える色に、淡々と命を扱う部屋の透明感を感じました。

もうなにも切るものがないキッチンに水道水がぽたぽた落ちる  みち。
合法的に切り刻む空間。したたるのは本当に水道水か。

明るくて清潔なキッチンがいい 骨をつぎつぎ飲み込めるよう  西宮えり
これも怖い、と思った。さわやかでさわやかで軽やかな殺戮。

キッチンで今煮てるのは塩味の君の体だ さあめしあがれ  しょうがきえりこ
魚が急になまなましく、ともすれば銀の曲線が色っぽく見える。

陽だまりの匂いのひとたちキッチンの重さや脆さを知らないでしょう  くまのこ
ドキリ、とした。皆様の作品を拝見するまで、キッチンに陽だまりの意識しかなかったし。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-29 20:24 | 鑑賞~100首題詠

003、手紙 ~そこにある言葉

砂浜にこわれてしまったきみがいて砂に手紙をずっと書いてる  aruka
波の音がつづく限り、きみはそこにいるのだろう。

菱形に折られた手紙をほどきゆくときめきに似てそこまで春が  五十嵐きよみ
手紙をひらくときの高揚。原点を思い出す。

あたたかい言葉まみれの決別の手紙ちいさくちいさくたたむ   田丸まひる
「言葉まみれ」なのが逆に痛い。破きも捨てもしないで、「たたむ」のだ。

木漏れ日をまぶした手紙を送るからきっと少しはあたたかいから  フワコ
「から」の繰り返しがドラマのセリフのように耳に残った。印象派の絵のように、音も温度も切り取った手紙。

しあわせを綴っただけの手紙なら悲鳴をあげて破かれてゆけ  わたつみいさな。
下の句に釘付け。堂々とした信念のようなものを、いまのわたしは感じる。

ただの紙 ただの手紙だ 私ではない誰かへの愛があっても  しょうがきえりこ
重たい紙きれ、燃やしても何かが残りそうな紙きれ
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-29 20:04 | 鑑賞~100首題詠

002、指  ~その織りなす物語

親指のつけ根に触れてほんとうの言葉かどうかたしかめている  佐原みつる
そんな確かめ方ができる距離。そんな確かめ方しかできない距離。

からませた指をほどいていくときに夜はねじれていくようでした  野良ゆうき
ぐにゃり、と意識も景色も歪ませて。

外れない指輪のやうな気だるさがグラスワインを傾けてゐる  みずき
なんとも言い難い違和感を理由にして、静かに飲む夜。

蕗の薹採りて黒土を落とすとき指の先から春に入りゆく  佐藤紀子
春は指先からじんわりと沁みていく。

手袋をはづせば春へ透過する指あやふげに浮力をもちて  管野芙蓉
手袋と冬の重みぶん、春の手はふんわり天を志向する。

指先に鼓動あつめて上昇のちからなるかな 祈るかたちは  鈴雨
祈りって、本当にこんな風だと思う。

しみじみと枯山水の趣の指紋を見てて過ぎた半日  稲荷辺長太
かなしいくらいに何も無く、充実した堕落の日。

こわごわと触れた指先 少しだけ棘が刺さると思ってました  やな
触れたのは恋しい人のような気がしました。

触れてくる人差し指が熱いので 正しい恋と思えてしまう  本田あや
正しいという証明をして、「なにか」に対して安心したい。

バスタブへ指をひたせば全身が孔雀のように羽をひらいた  笹井宏之
背骨からブワッとなにかが広がる。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-07 19:55 | 鑑賞~100首題詠

001、風  ~空気に溶け込んでいるもの

春の夜の寝やのあかりに屏風絵の旅人すこし近づいてをり   くろ
なにか起こりそうな含みの在る「春の夜」に、「旅人すこし近づいてをり」というミステリアスな現象がぴったりだと思う。
空気と言うか雰囲気に、とても心惹かれる。

ゆうぐれの風にページを捲られて見たことのない夜の幕開け   佐原みつる
ドラマティックな出来事が待っていそうで静かに興奮。

駆け上る土手の草の香春の風卒業証書の筒投げてみる   水都 歩
中学の卒業式を思い出す。ああ、私も走りたい。

風と手をつないだままでかけおりる魔法が使えるひとの気分で   末松さくや
児童書の当時人物になりきって、「Wingardium Leviosa!」って言いたい。

前髪をふたつに裂いてのびる風やっとあなたに触れた告白   ぱぴこ
前髪裂けたのは――告白されてハッと息をのんだほう?それとも思いをまっすぐにぶつけたほう? 風が届いて良かった。

詰問には沈黙を返す 西風が見てきたような嘘はつかない   遠山那由
なんて真摯に不器用な人なんだろう。誤解されそうな実直さが、ちょっと新鮮。

僕は その 産まれる前の前の前 風だったんだ 思い出したよ  風十
幼いこどもは、本当にそんなことを言いそう。風だった君と人として出逢えることは、なんて幸せなんだろう。

眼球のおもてを風がふれて行きわれのかたちの粒子動きだす   黄菜子
自分の身体も粒子。時々ふっとかすめて去る事実。

くちびるを飛び去る風がまぎれもなく声のかたちであるのに気づく   笹井宏之
風は歌で、言葉である前に、「声のかたち」なのだなぁ。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-07 19:29 | 鑑賞~100首題詠

鑑賞100題?!

完走しただけでゼイゼイしている私が、鑑賞で100題すべて走りきることができるか不安はあります。が。途中まででも、好きな題だけでも、ここで味わわせていただければ、と思います。
当然取りあげるべき秀歌・名歌を取り落とすこともあるかと思いますが、私が好きだ!ステキだ!と思ったものを素直に挙げていきたいです。

なお、作品の紹介にあたりましては、
・「歌・作者名」を太字で掲載。敬称略。
・トラックバックは時間・数、そして1つの記事で幾つも歌を紹介する形式を考え、省略させていただきます。
・ひとつの題につき、10首以下に絞る予定。
・感想は1行程度を予定。ときどき暴走?

以上です。
お気づきの点がございましたら、連絡いただけますと嬉しいです。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-07 19:14 | 鑑賞~100首題詠

完走の感想

完走しました! 第一目標は「完走」だったので、少しホッとしました。とはいえ、質は……(汗)。これから精進します。

折り返し地点にたどり着くまでは、他の方の作品に影響されすぎてしまうのが怖くて(初心者だからか、無意識に真似てしまいやすくて)、自分のものしか見ていませんでした。
で、50首を越えて周りを見てみたら、自分の作品の拙さに力いっぱい凹みました。
そして凹みつつひた走った後半戦。反省を少しは活かせた?作品と、「もうこれでいいよ」と投稿してしまった作品と(すみません)。

31文字でしかない(字余りも多かった!)作品から、ちゃんとした「歌」へと進化を遂げるため、今後は他の方の作品鑑賞に移らせていただこうかと思います。

この度は参加させていただきまして、とても良い経験になりました。
最後になりましたが、主催者の五十嵐きよみ様、このような場を設けてくださり本当にありがとうございました。
[PR]
# by sorano-anata | 2006-09-07 18:51 | 100首題詠

100:題(彼方)

百題をこなしてゆけば私の知らない私と再会をする
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:42 | 81-100番の歌

099:刺(彼方)

ハンカチに小花のブーケを刺繍して明日の私をいまから演じる
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:41 | 81-100番の歌

097:告白(彼方)

あの頃の私に言って、喜ぶよ。大好きだった君の告白
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:40 | 81-100番の歌

098:テレビ(彼方)

お互いの顔を合わせぬためにだけテレビ見ている似た者夫婦
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:40 | 81-100番の歌

095:誤(彼方)

仕草とか言葉の解釈誤って私と君は「ねじれ」のままで
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:39 | 81-100番の歌

096:器(彼方)

ガラス器に葡萄をみだらに寝そべらせ衆人環視の下に差し出す
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:39 | 81-100番の歌

094:流行(彼方)

流行のメイクも服も宙に浮く魔術が無効の同窓会日
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:38 | 81-100番の歌

093:落(彼方)

亡き君と落ちゆく月の弔いに我は西向く背を焼かれつつ
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:37 | 81-100番の歌

091:砂糖(彼方)

食べ物を摂らない君が心配でお水にこっそりお砂糖ひとさじ
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:36 | 81-100番の歌

092:滑(彼方)

飛ぶ飛ぶと滑走をして飛行機は正しい図形で空に入射す
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:36 | 81-100番の歌

090:匂(彼方)

友人の胸から匂う香水に自分の声色見失う夜
[PR]
# by sorano-anata | 2006-08-31 17:35 | 81-100番の歌


題詠に挑戦中。初心者でも頑張りまする。
カテゴリ
全体
100首題詠
1-20番の歌
21-40番の歌
41-60番の歌
61-80番の歌
81-100番の歌
自己紹介
鑑賞~100首題詠
未分類
以前の記事
リンク
題詠100首blog
参加しております☆

ひとひら
遅ればせながら、自宅を作りました(笑)。題詠以外の拙作を載せております。
最新のトラックバック
079:芽うた
from 花夢
阿蘇熊本県
from 阿蘇熊本県
田辺市グルメ
from 田辺市グルメ案内
完全無料姓名判断
from 完全無料姓名判断情報
健康日本21目標
from 健康日本21目標情報
074:水晶
from 月待ち人の窓辺
034:シャンプーのうた
from 花夢
「題詠100首blog自..
from 題詠100首blog
096:器から(2)
from ほおずり練習帳。
短歌の感想をいただきました。
from 月待ち人の窓辺
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧