心を種として



003、手紙 ~そこにある言葉

砂浜にこわれてしまったきみがいて砂に手紙をずっと書いてる  aruka
波の音がつづく限り、きみはそこにいるのだろう。

菱形に折られた手紙をほどきゆくときめきに似てそこまで春が  五十嵐きよみ
手紙をひらくときの高揚。原点を思い出す。

あたたかい言葉まみれの決別の手紙ちいさくちいさくたたむ   田丸まひる
「言葉まみれ」なのが逆に痛い。破きも捨てもしないで、「たたむ」のだ。

木漏れ日をまぶした手紙を送るからきっと少しはあたたかいから  フワコ
「から」の繰り返しがドラマのセリフのように耳に残った。印象派の絵のように、音も温度も切り取った手紙。

しあわせを綴っただけの手紙なら悲鳴をあげて破かれてゆけ  わたつみいさな。
下の句に釘付け。堂々とした信念のようなものを、いまのわたしは感じる。

ただの紙 ただの手紙だ 私ではない誰かへの愛があっても  しょうがきえりこ
重たい紙きれ、燃やしても何かが残りそうな紙きれ
[PR]
by sorano-anata | 2006-09-29 20:04 | 鑑賞~100首題詠
<< 004、 キッチン ~「料理」の本質 002、指  ~その織りなす物語 >>


題詠に挑戦中。初心者でも頑張りまする。
カテゴリ
全体
100首題詠
1-20番の歌
21-40番の歌
41-60番の歌
61-80番の歌
81-100番の歌
自己紹介
鑑賞~100首題詠
未分類
以前の記事
リンク
題詠100首blog
参加しております☆

ひとひら
遅ればせながら、自宅を作りました(笑)。題詠以外の拙作を載せております。
最新のトラックバック
079:芽うた
from 花夢
阿蘇熊本県
from 阿蘇熊本県
田辺市グルメ
from 田辺市グルメ案内
完全無料姓名判断
from 完全無料姓名判断情報
健康日本21目標
from 健康日本21目標情報
074:水晶
from 月待ち人の窓辺
034:シャンプーのうた
from 花夢
「題詠100首blog自..
from 題詠100首blog
096:器から(2)
from ほおずり練習帳。
短歌の感想をいただきました。
from 月待ち人の窓辺
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧